第26回日本在宅ケア学会学術集会 ご挨拶

学術集会長
中谷久恵

  広島大学大学院医系科学研究科 教授

  この度、第26回日本在宅ケア学会学術集会を2021年8月28日(土)、29日(日)に、広島国際会議場にて開催させていただくことになりました。開催のご挨拶に先立ちまして、今なお新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなか、罹患されたみなさま、お亡くなりになりました方へ心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。公衆衛生や医療の最前線で予防や医療にご尽力いただいています従事者のみなさまへ、深い尊敬と敬意をもって感謝申し上げます。
 このような状況下におきまして、学術集会を開催する意義と学術のあるべき発展を考えますと、開催の重責を感じ、ご支援いただいています学会理事長はじめ、会員・会員外の関係者のみなさまへお礼申し上げます。第26回学術集会は、テーマを「地域社会が協働で織りなすコミュニティケア」といたしました。今日、世界やわが国は新型感染症や災害、少子高齢化、これらがもたらした経済活動の低迷など、難解な健康危機や生活課題に直面しています。過去の歴史を振り返れば、ここ百年の間に当初は未知であった感染症や大規模な災害など、第二次世界大戦前後には同じ局面に遭遇した時代があり、専門家や住民が団結して乗り越えてきた史実があります。医療技術が格段に進歩した現代では、地域社会が心を合わせ、知識やAIの頭脳を用いて策を講じていけば、人々が安心して暮らせる社会が実現できるはずです。何より、わが国には人との絆を育む素地が息づいており、被爆地広島には、病んだ土地から奇跡の復興を遂げたコミュニティの原点があります。第26回学術集会では、「コミュニティ」と「ケア」をあらためて問い直す地点に立ち返り、その本質を問いながら、講演や発表、先進事例から知見を学び、当事者である体験者の声に耳を傾け、協働で織りなすこれからの共に生きる地域社会と在宅ケアを推進する議論ができますことを期待しております。
 学術集会開催にあたりまして、新型コロナウイルス感染症の蔓延による参加者のみなさまの安全と新しい生活様式を優先し、オンラインの一部導入やオンライン学会への変更も検討しております。いずれにしましても、実り多き学術集会となりますよう開催関係者一同が努力し、随時、情報をお伝えしてまいります。何とぞご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

第26回日本在宅ケア学会学術集会

 

 

 

開催概要

現地開催:2021年8月28日(土)・29日(日) <2日間>

オンライン開催:2021年8月25日(水)~31日(火)

新型コロナウイルス感染症の蔓延状況によっては完全オンライン開催となる可能性もあります。

広島国際会議場

アクセス

  • 住所 広島市中区中島町1-5 平和記念公園内分
 

広島駅からアクセス

路線バス (所要時間 約 20 分)南口バスのりば A4 ホームより

広島バス24 号線吉島営業所または吉島病院行「平和記念公園」下車すぐ

市内電車 (所要時間 約 25 分)

路線番号①広島港行「袋町」下車徒歩約10 分

路線番号②宮島行 ・西広島行、⑥江波行「原爆ドーム前」下車 徒歩約 10 分

タクシー (所要時間 約 15 分)

広島港(宇品港)からアクセス

路線バス (所要時間 約 25 分)

広島バス21 号線広島駅 向洋大原 洋光台団地行「中電前」下車 徒歩約 10分

市内電車 (所要時間 約 35 分)

路線番号①広島駅行 ③ 西広島行「中電前」下車 徒歩約 10 分

タクシー (所要時間 約 20分)

広島バスセンターからアクセス

徒歩10分

広島空港からアクセス

リムジンバス(所要時間:約70分)

 空港ターミナルビル到着フロア1番ホーム、広島バスセンター行き終点下車

 徒歩10分

タクシー(所要時間:約50分)

お問い合わせ

■学術集会事務局

広島大学大学院 地域保健看護開発学

E-mail office[at]jahc26.hiroshima-u.ac.jp

[at]を@に変えて送信ください。

■運営事務局

株式会社 JTB広島支店
TEL: 082-236-3733

リンク

第8回日本CNS看護学会